フォースセンサーディバイスの受託開発

お客さまの要望に合わせたフォースセンサーディバイスの開発に対応いたします。
検出点数、形状などご相談に応じます。
まずはお問い合わせフォームよりご連絡ください。

NISSHA フォースセンサーの概要

構造:上部に感圧インキ層、下部に2本の電極層を形成後、その2枚のフィルムを貼り合せています。

仕組み:センサーが押された時に応じた上部と下部との接触抵抗値変化を読み取り圧力の強さを感知します。
この技術は、当社が抵抗膜方式のタッチセンサーで培った技術と実績をもとに、感圧インキ(圧力によって接触抵抗値が大きく変化する材料)を開発し、生産プロセスを最適化させたことで高性能かつ高耐久性の独自センサーが完成しました。



 

NISSHA フォースセンサー

想定用途

entrusted-development

車載製品

entrusted-development

産業機器

entrusted-development

インフラ管理

entrusted-development

在庫管理システム

entrusted-development

医療・ヘルスケア

特長

・マルチタッチ、マルチ圧力検知が可能。
・印刷プロセスを活用した生産プロセスにより製品形状をカスタマイズ可能。
・薄膜ディバイス:センサー単体での膜厚は200μm以下。
・50g程度からの圧力検知が可能。
・特別なフォースセンサ制御 ICが不要。

お試しいただけます

加圧分布モニターキット

フォースセンサーに関するお問い合わせ

・加圧分布モニターキットのデモ・レンタル
・開発、試作、量産委託のご相談
その他、フォースセンサーに関するご質問・ご相談はお気軽にご連絡ください。

CLICK